教習所の合宿で嬉しい免許取得実現!~快適ドライ部~

自家用車と女性

最短というメリット

2台の車

私達の身近にある交通手段にはさまざまなものがあります。公共交通機関であれば、バス、タクシー、電車、モノレールなどがあるでしょう。しかし、いつでも自分のタイミングで好きなように利用するのであれば、自家用車が最も便利なものとなります。自家用車を運転する為にはもちろんのことながら自動車運転免許の取得が必須となります。自動車運転免許は、全国どの地域の教習所でも技術を学び、住民票の置いている地域の運転免許センターにて学科試験を受け合格することで取得できるでしょう。

基本的に教習所へ自宅から通う人が多くいますが、一定期間の都合をつけて教習所の寮から通うスタイルの合宿免許に参加する人も多く見られます。その理由は最短日数で免許取得できる為です。自動車運転免許を取得する為には、実技と学科共に一定時間以上の授業を受けなくてはいけません。さらに実技の場合は、合格点をクリアしないと次の項目へ進めないでしょう。人それぞれ苦手分野が異なりますが、ストレートでクリアすると普通自動車免許の場合、14日間で取得できます。何度か授業を再度受けることになっても、1ヶ月以内での取得を目指すことができます。長期間掛かると思われがちの免許取得ですが、このように、合宿免許取得を最短日数で目指すこともできるのです。一定期間の都合をつける必要はありますが、最短日数で取得できるメリットはとても大きなものでしょう。

合宿免許を利用する生徒の中には、現役高校生も多く、学校が長期連休となる夏休みや冬休みに参加するケースが多く見られます。その為、夏、冬、春は教習所の繁忙期となります。合宿免許を最短で利用したい場合は、時期を見ておくといいでしょう。繁忙期の場合、学科を受けるにもキャンセル待ちが相次ぐ可能性があります。